アロハ! おはようございます。
今日もハワイ不動産マーケットの動きを見ていきましょう。

今日は本気で物件購入をご検討されている方にご好評をいただいている
「エリア別マーケット情報」の「ワイキキ」です。
7月の速報値が出ましたので見て行きましょう。

Sea Shore 2


ワイキキ全体の速報値はこちら


Waikiki July 2020 ALL

半年以上が経過して少しずつデータらしくなってきました。 まづ7月は急に新規売出し物件(New Listing)が増えました。3月から観光客の来島が止まり、バケレンをされていたオーナー様は約半年間、収入なしで共益費を支払い続けてきました。8月20日には固定資産税の納付期限もあり、手放すことを覚悟されたのでは無いでしょうか?  




この環境が一体どれくらい続くのか検討も付きませんが、ハワイ州・ホノルル市はアメリカ本土からの渡航者からPCR検査済の方に限り受け入れを再開したいと動き出していて、本日時点では9月01日からの再開予定ですが8月01日からの延期でしたので再び延期される可能性があります。




ワイキキのコンドミニアムが売れていないのかと言うと、売れておりまして売却済 ( CLOSE ) となりましたら物件も44件と過去3ヶ月では一番多くなりました。 とくに $500,000~$999,000の価格帯が好調に売れております。 主だったコンドミニアムは「イリカイ」「リッツカールトン」「ウィンザー」が売れております。


ホテル・コンドミニアムが安く買えるかもしれない今だからこそ動いてみる投資家様も世界中にいらっしゃいます。 本当に底堅い不動産マーケットといえます。





「ワイキキ」価格帯別はこちら



Waikiki July 2020 by Price



さらにここから「コンドミニアム名」「築年数」「広さ」「ご予算」などの項目で絞ることでだいぶ精度の高い投資の判断材料を提供することができます。カスタムデータは無料で作成しております。お問い合わせよりリクエストください。



=============================================


最後までお読みいただき誠に有難うございます。
ハワイでお得に家を買うための情報とハワイ生活を楽しくする情報をお届けしてます。

こちらのボタンで新規投稿が簡単にご覧いただけて便利です。




私は現在Manoaマノアの2ベッドルームに家族5人で生活してます。ちょうど上の子はKCCカレッジ、2番目が公立高校、3番目が4歳となり各世代の色々な情報が入ってきますので、不動産以外にもハワイに関する疑問・質問お気軽にご相談いただけたら嬉しいです。

ブログ内では書きづらいハワイ不動産の本音や地元の人は知っている話はEメールやお電話で情報交換させていただいております。 「こんな話を耳にしたけど事の真相は?」なんてありましたら、ぜひ教えて下さい。










ハワイのブログランキングに参加しています!
「ぽちっと」していただけると励みになります。
どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

横山雄大のハワイ不動産ブログ