こんにちは 
ハワイ不動産の横山雄大です。
今日もハワイ不動産に関して情報収集していきましょう。

Realtor.com にて興味深い記事を見つけましたので、ご紹介させて頂きます。


今日のタイトルはこちら。

観光業を失ったハワイで不動産マーケットは回復できるか?

観光業を失ったというのは大げさで、観光業も戻ってくると思いますが、、、、、


内容の方ですが、

アメリカ本土から離れたハワイでもCOVID−19の影響を経済的に大きく受けたと言えます。 

未だに続く渡航者の14日隔離措置は観光客の足止めとなっています。

ホノルル不動産協会のネコタ会長によると、新規売出しは減少して取引や売出しの中止も目立ちます。


Diamond Head from Waikiki Banyan


観光なくして経済なし

ハワイにおいて、観光業を失うことは経済と雇用を失うことに直結します。 再開されたホテル・レストラン・ショップも様々な制限を伴います。観光業は約36%のハワイ経済、そして119,429名の雇用の規模がありました。アメリカ全体の失業率が14.7%であるのに対してハワイ州は22.3%に及びます。パンデミック以前のハワイ州失業率は3%でした。





観光客はいつ戻る?

2019年には毎日約25,000名のアメリカ本土からの観光客が訪れ、2020年も継続していました。3月末に渡航が制限されてから現在では数百人にまで激減。インターナショナルの渡航者は毎日約8,000名が訪れておりましたが、現在はほぼゼロ人です。


過去にもいくつもの危機を乗り越えてきたハワイ州ですが、それぞれの下落率と元のレベルまで回復にかかった時間を見てみると

  • 湾岸戦争 1990-91 : 25% 減少 11ヶ月後に回復
  • 9.11 同時多発テロ事件 2001 : 27% 減少 29ヶ月後に回復
  • リーマンショック 2008 : 19%減少 41ヶ月後に回復

【コメント:41ヶ月って3年以上!!  谷が深い分、戻りも早ければよいのですが。14日の隔離措置次第であると思います。星野リゾートの星野さんは18ヶ月で国内のインバウンドは戻るとおっしゃってました。】


Waikiki Sunset



不動産マーケットへ与える影響は限定的?


不動産マーケットを見てみると、観光業で生計を立てていたご家族はお住まいの購入を見送り、ローン審査が済んでいた方も所得状況の変更からローン承認が取り消しされるケースもあります。 取り引中で登記まで後少しでも、このような状況からキャンセルされる方も。



新規の中古戸建売出し件数は3月22日から4月25日の範囲で前年比42%の減少がありました。コンドミニアムでもこれに似た状況でしょう。

【私からコメント:ワイキキに関しては 3月106件 4月94件 5月117件であまり落ちていません。】






大きな決断が必要な不動産取引はこのような経済状況では積極的に行われないのが通常です。 しかし中には購入を強く考えられている方もいらっしゃいます。にもかかわらずマーケットに売出し物件が限られるのは取引の選択肢を限定的にさせます。そのため売出し中の戸建て物件には数件の申込みが入りビッティングにより希望価格以上の値がつくケースもあります。マーケットの在庫不足は価格の高騰に影響を与えます。 実際に4月はマーケット全体で取引数が20%減少しましたが、価格は5%上昇しました。(昨年対比) セラー様は高く物件を売るチャンスと言えます。バイヤー様もローンが利用できれば歴史的な低金利のメリットを享受することができます。


元記事: 




=============================================


最後までお読みいただき誠に有難うございます。
ハワイでお得に家を買うための情報とハワイ生活を楽しくする情報をお届けしてます。

こちらのボタンで新規投稿が簡単にご覧いただけて便利です。




私は現在Manoaマノアの2ベッドルームに家族5人で生活してます。ちょうど上の子はKCCカレッジ、2番目が公立高校、3番目が4歳となり各世代の色々な情報が入ってきますので、不動産以外にもハワイに関する疑問・質問お気軽にご相談いただけたら嬉しいです。

ブログ内では書きづらいハワイ不動産の本音や地元の人は知っている話はEメールやお電話で情報交換させていただいております。 「こんな話を耳にしたけど事の真相は?」なんてありましたら、ぜひ教えて下さい。






ハワイのブログランキングに参加しています!
「ぽちっと」していただけると励みになります。
どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

横山雄大のハワイ不動産ブログ