アロハ! おはようございます。
今日もハワイ不動産マーケットの動きを見ていきましょう。

今日は本気で物件購入をご検討されている方にご好評をいただいている
「エリア別マーケット情報」の「ワイキキ」です。
4月の速報値が出ましたので見て行きましょう。

Sea Shore 2

「ワイキキ」全体では 4月に入り新規売出し物件、申込み共に減少。成約済み Closed も5月には減少すると見て良いと思います。 コロナの影響で売り手買い手ともに消極的であるように見えます。 現在在庫(Current Inventory)に対する成約済み数(Closed Listing)の割合である Abroption Rate はまだ一桁台です。 このレートが15ポイント以下は買手市場、20ポイント以上は売り手市場と言われます。

普段から投資家様の取引が多いワイキキエリアですが、4月にお問い合わせが多かったのが「価格は下がっておりますか?」「日本にいながら、不動産を購入できますか?」でした。

データで見ると価格は下がっていないように見えますが、取引によっては売り手が価格交渉に応じてもらえやすかったケースや、長くマーケットに残っていた物件は価格改定で申し込みが入りやすくしたりでケースバイケースです。 肌感覚では昨年末より価格交渉はしやすいです。

5月はさらに買手市場になっているか? それとも在庫不足の方向に進むのか?
来月もお楽しみに!


「ワイキキ」全体はこちら


Screenshot 2020-05-01 at 09.56.25


「ワイキキ」価格帯別はこちら



Screenshot 2020-05-01 at 10.39.22
さらにここから「コンドミニアム名」「築年数」「広さ」「ご予算」などの項目で絞ることでだいぶ精度の高い投資の判断材料を提供することができます。カスタムデータは無料で作成しております。お問い合わせよりリクエストください。



=============================================


最後までお読みいただき誠に有難うございます。
ハワイでお得に家を買うための情報とハワイ生活を楽しくする情報をお届けしてます。

こちらのボタンで新規投稿が簡単にご覧いただけて便利です。




私は現在Manoaマノアの2ベッドルームに家族5人で生活してます。ちょうど上の子はKCCカレッジ、2番目が公立高校、3番目が4歳となり各世代の色々な情報が入ってきますので、不動産以外にもハワイに関する疑問・質問お気軽にご相談いただけたら嬉しいです。

ブログ内では書きづらいハワイ不動産の本音や地元の人は知っている話はEメールやお電話で情報交換させていただいております。 「こんな話を耳にしたけど事の真相は?」なんてありましたら、ぜひ教えて下さい。






ハワイのブログランキングに参加しています!
「ぽちっと」していただけると励みになります。
どうぞよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

横山雄大のハワイ不動産ブログ